2015年9月28日月曜日

マインクラフト-簡単な簡易トラップタワーもどきの作り方

こんにちはマーピー&まけるちゃんです。


今回のマインクラフトマルチプレイ日記では、モンスタースポナーを利用した簡単な簡易トラップタワーもどきの作り方をご紹介します。


トラップタワーもどきといっても全自動でモンスターを倒せるような便利なものではありませんが、作り方が超簡単なのでマイクラ初心者の方でも簡単に作れると思います。


スポンサーリンク






本来のトラップタワーではモンスターを沸き潰して、モンスターが出現する場所を暗闇のタワー内1カ所にする方法が一般的ですが、作成が結構大変なので、今回のトラップタワーもどきでは、作成を簡単にするためモンスタースポナーを利用します。

使用するモンスタースポナーは、過去の記事で見つけた拠点近くのスポナーを利用します。

まず初めにモンスターが生まれてくるスポナー部屋を小さくしていき、狭くしていきます。
中のモンスターが邪魔なら一旦全て倒してしまいましょう。
(中が見えるようにガラスで囲ってますが、実際の作業では丸石で囲っていきます)



モンスターのスポナー部屋を小さくしたら、今度はスポナーの真下を掘って、生まれてくるモンスターが落ちてくるように落下用の穴を掘っていきます。


穴が掘れたら、生まれてくるモンスターを落下させるために床石を取り除いて、スポナーが宙に浮いた状態にします。


こうすると次々にスポナーから生まれてくるモンスターが下の穴にたまっていきます。



このまま穴にたまったモンスターを倒せば経験値やドロップアイテムを入手できますが、倒した後に経験値やアイテムを拾うために毎回穴に降りるのが面倒なので、モンスターがたまる穴の床には水を流し水流を作っておきます。



水を流したら外側に水流の出口を半ブロックなどで作成し、経験値オーブやドロップアイテムが水流に乗って流れてくるようにしておきます。
(水流の出口が大きいと、チビゾンビなど小さなモンスターがすり抜けてくるので注意)


これでモンスタースポナーを利用した簡易トラップタワーもどきの完成。
ちなみに経験値が必要なく、ドロップアイテムだけが目的の場合は、モンスターが落下死する高さまで穴を深く掘れば、落下死でモンスターを自動で処理できます。

スポンサーリンク






穴にたまったモンスターをまけるちゃんが倒していくと….


水流に乗って経験値オーブが大量に流れてきます。


以上「マインクラフト-簡単な簡易トラップタワーもどきの作り方」でした。

それでは今回のマイクラマルチプレイ日記はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

0 件のコメント: