2015年1月8日木曜日

マインクラフトプレイ日記4-牧場を作る

こんにちは、マーピーです。
前回、牛を増やすために小麦の栽培を始めましたが、小麦が生長するまで食料が足りなくなってきたので、近場の島に渡り、羊と兎を狩って肉を手に入れてきました。




羊と兎の肉はマインクラフトのバージョン1.8から追加されたそうです。
回復料と腹持ちは牛肉と比較すると下記のような感じです。

兎肉 < 羊肉 < 牛肉

出かける前に兎肉で腹ごしらえ。


それでは小麦の生長具合を見に畑へ行ってみます。


少しだけですが育ってきました。
畑をぼんやり見ていると一緒にプレイしているまけるちゃんから洞穴を見つけたとの報告が。


砂と同じ色のレンガ上のブロックは砂岩で、シャベルではなくツルハシでないと容易に壊せません。
中には石炭や鉄がある事が多いので、小麦の生長を待つ間探検してみる事に。


入ってすぐに石炭がありました。


暗くてよく見えないのでトーチをつけて照らします。
石に黒い斑点状の模様が入っている石が石炭です。
かまどの火の燃料やトーチの材料になります。


木のツルハシだとすぐに壊れるので、手に入った丸石で石のツルハシを作成するために洞窟内にクラフトボックスを作って石のツルハシを作成します。
木のツルハシより丈夫で石を壊す時間も木に比べ短時間で壊す事ができ作業効率が高くなります。
作り方は木のツルハシと同じ配置で作成できます。


さらに奥に進むとコウモリが…
さらにさらに奥に進んでいくと不思議な光景が。


1マスだけ空いた穴に水が流れ向こう側に陸地が!?
水の外に出てみると…


海の中でした….
そりゃそうですよね。
孤島だという事をすっかり忘れていました。
陸地に見えたのは海底の地形だったようです


まけるちゃんが石ブロックをいじってるうちに洞窟内が大洪水に。
洞窟の探索はまけるちゃんにまかせて、小麦ができているか一旦地上に上がって畑を見に行ってきます。


けっこう育ってきました。
あと、もう一息。
もう少しで小麦ができそうなので、牛を囲うための柵の準備を始めていきます。

柵は棒2本と木材4個で、両端の縦2マスに木材、真ん中縦2マスに棒を配置すると3個の柵が作成できます。


柵につけるゲートの扉もついでに作成しておきます。
柵のゲートは柵の配置と逆になり、両端の縦2マスに棒、真ん中縦2マスに木材を配置すると作成できます。
ちなみに柵は木材の種類によって色の見た目が変わります。


作成した柵とゲートで囲いを作ってみました。
手前の部分が出入りするためのゲートで右クリックする事で開閉します。


畑に戻ろうとすると、なぜか山をくり抜いているまけるちゃん…
この人、目を離すとすぐに穴を掘りたがります。
本人曰く、「山抜き」という技だそう。


畑に戻ると小麦ができていました。
右奥の茶色くなったものが生長した小麦で、刈り取ると小麦と種が手に入ります。


手に入った種は再度耕した土に植えて栽培ができます。
小麦が手に入ったので、牛を集めていきたいと思います。

スポンサーリンク






牛を集めるには手に小麦を持った状態で牛に近づくと、牛が勝手にこちらに寄ってくるので、ゆっくり誘導しながら柵の中に入れていきます。




無事、柵の中に牛が入りました。
この後、牛を繁殖させていくのですが、子供を産むためには牛が2匹と牛に与える小麦が2つ必要になるので、2つめの小麦ができるまで待つ事に。


2つめの小麦をとって戻ってくると何故か羊が!?
どうやら島の端の方に自然発生したようです。
羊も小麦が餌になるので、牛と同様に手に小麦を持っていると近寄って付いてきます。
また、繁殖も牛と同じように2匹に小麦を与えると子供が1匹生まれます。


増やす事が前提なので、事前に柵を広げておく事にします。
画像の追加分の柵は上記で説明したように木材の種類が違う(白樺)柵なので色が変わっています。


いい感じに広くなりました。
あとは小麦がたくさんできれば、どんどん繁殖させて増やしていけるので、食料の確保には困らなくなります。


小麦がいくつか手に入ったので、どんどん牛に与えていきます。


小麦を与えた瞬間、牛から♥マークが出て繁殖モードになります。
一方の牛に♥マークが出ているうちに、もう一方の牛に小麦を与えるとお互いが近づき合って、間から子供が生まれてきます。


無事、生まれてきました。
こんなかんじで羊も増やす事ができるので、食料確保のため、どんどん増やしていきたいと思います。
それでは、今回のマインクラフトプレイ日記はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

0 件のコメント: